• トップ /
  • 木造でも冬快適な賃貸はある

賃貸で木造を借りる

木造でも冬快適な賃貸はある

賃貸は日当たりと断熱性能が大事

賃貸で木造アパートを借りる場合、新しい物件であれば、断熱材がしっかりと施工されているので、冬でも凍える寒さをしのぐことができます。断熱効果が高い物件であれば、暖房効率も良いので、トータルの光熱費も安くすることができるでしょう。また、冬場に過ごしやすい物件を選ぶ際には、日当たりや建物の向き、窓の位置などを確認しておくと良いでしょう。廻りの建物が大きい場合、1日の日照時間が少なくなってしまい、部屋が暖まりにくくなるので、部屋に光が差し込むかどうかを事前に確認してから賃貸アパートを借りたほうが良いでしょう。

木造のアパートでも快適

賃貸物件は、小規模な2階建ての建物の場合には、木造のアパートが多くなっています。枠組み壁工法で作られたアパートの場合、壁でしっかりと建物を支えているので、耐震性もしっかりとしています。最近は、しっかりと居住性に配慮した物件も多く、隣接住戸の生活音が伝わりにくいように壁の中に吸音材が入っているような物件も見受けられます。また、断熱材もしっかりと壁の中に入っているものも多くなっています。比較して築年数が新しい賃貸アパートの場合には、そういった生活環境に配慮がなされているものが多く、快適に生活をすることができるでしょう。

↑PAGE TOP