• トップ /
  • 木造賃貸のメリットとは

快適性が高い賃貸

木造賃貸のメリットとは

結露しにくい木でできた賃貸

木造で作られた賃貸住宅があります。こうした家は、木をたくさん使って建てられていますから、湿度が高いときにも木自体が空気中の湿り気を吸ってくれて、コンクリートなどで作られた家よりも結露などがしにくいメリットがあります。これは家にとって湿度を下げる効果になりますから、住むうえでも梅雨時などは快適性が高くなります。それに加えて木は質感がよく、手触りもよいものです。寒い時期でもふれても金属のような冷たさがありません。これも木材の良さでしょう。こうした点を選択のポイントとして重視する場合には、木造の賃貸の家が選択できます。

木造の物件のメリット

賃貸をどうせ借りるならば鉄筋コンクリートと思っている人が多いかと思います。ですが、木造にもさまざまなメリットがあることをご存知でしょうか。例えば、鉄筋よりも材料費が圧倒的に安くなるので、必然的に家賃が安くなります。特に、お金が心もとない人にとって有利なメリットだといえるでしょう。さらに、通気性が良いという点があります。木で出来ているので密閉されることなく湿気がこもりにくくなります。そのため、梅雨の季節にカビが生えにくくなります。そして、お部屋の構造にも影響を与えます。木で作られている場合、無駄な出っ張りが少なくなります。このように、木で作られた賃貸物件も決して悪くないのです。

↑PAGE TOP